生撮り人妻ランチデート #28

生撮り人妻ランチデート #28 公開日:2011-01-25

「今の夫も、亡くなった夫も、同じくらい愛しています…」どこかあどけなさを残した顔立ちの人妻は私が予想だにしなかった衝撃的な事実を語ってくれた。30歳の人妻、雪さん。現在2度目の結婚生活を送っている。前の夫は今から3年前、2人目の子供の妊娠時に事故で他界した。幸せの絶頂期に訪れた突然の出来事。路頭に迷った人妻は子供を預け働きに出た。そこで出会ったのが現在の夫。「彼は子供の面倒もよく見てくれます。でも“親の目線”じゃないんですよね…。」上手く行っていないわけではないけれど、決して埋まりはしない親子の距離。仲良く暮らしているのに何かが違う。子育てにも、そして夫への気遣いにも疲れた人妻は、心の隙間を埋めるために私の元へ訪れたのだろう。大きな池のある公園でボートに乗る。豪華なランチに舌鼓を打つ。そして訪れたホテルの窓辺には夕闇が。2人に残された時間はあと少し…。
生撮り人妻ランチデート #28

生撮り人妻ランチデート #24

生撮り人妻ランチデート #24 公開日:2011-01-11

「もうこれで終わりにしないと…いつもそう思っているんですけど…。」立川で待ち合せた人妻、33歳の裕子さんは、2人の子持ちには見えない程若々しく笑顔の素敵な人妻だ。毎日子供たちのために弁当を作り、自転車で幼稚園へ送り迎え。夕食は必ず家族全員でとっているのだそうだ。一見すると平穏で何不自由のない生活。だがしかし、人妻には夫には決して言えない秘密があるのだった。それは夫よりもすべてにおいて相性の良い不倫相手の存在。月に1度の密会に掻き乱される女心。「彼と会う時は嬉しくてしょうがないんです。でも帰ってきて子供たちの顔を見ると…。」どうしようもなく感じる罪悪感。未来のない愛なのは解っているけれど、未だ断ち切れないでいる。所謂出来ちゃった結婚だったため、思い描いていた甘い新婚生活など訪れる余裕もなかった。2児の母としての責任感と、愛する男に甘えたいという女としての本心。人妻は初対面の私の前で理想と現実の狭間で揺れていた。2人に残された時間はあと少し…。
生撮り人妻ランチデート #24

生撮り人妻背徳旅行 #02

生撮り人妻背徳旅行 #02 公開日:2010-12-21

37歳の人妻、智美さん。結婚して早7年。両親を安心させたい、ただそれだけの理由で一度きりの見合いで結婚したのだそうだ。真面目で働き者の夫。子宝にも恵まれ、他人が羨む“安定”を手に入れた。幸せなはずの毎日。これ以上望むものはないはず。だが、人妻は会話もない夫婦生活に不安を感じていた。残りの人生は、もう女として見られないのだろうか。妻であり、母親でもあるけれど、女でもいたい…。僅か1日だけの自由の身。人妻は女としての自分を取り戻す。最後にしたのがいつだったのかも思い出せないくらい久しぶりのSEX。それも初対面の男と…。忘れかけていた女の悦びを噛み締めた人妻は私にこう呟いた。「女としての自分を再確認したかったんです…」、と…。
生撮り人妻背徳旅行 #02

生撮り人妻ランチデート #23

生撮り人妻ランチデート #23 公開日:2010-12-07

「どうしたんだろう…ちょっと罪悪感を感じてます…。」待ち合わせをしたとある街角に佇んでいたのはまだ結婚して1年足らずの梨花さん(28歳)だ。夫が在宅勤務という職種柄、常に顔を突き合わせており、甘い新婚生活なんて皆無なのだと言う。共通の趣味があるわけでもなく、休日は各々が別々の部屋で自由に過ごしているのだそうだ。「何のために私たちは結婚したのだろう…?」人妻は不安と虚無感に囚われているようだった。夫以外の男性と久しぶりのデート。初めこそ私に対して一定の距離をとっていた人妻だが、会話を続けて行く内に次第に笑顔を見せてくれるようになる。「罪悪感なんてないですよ。だって主人が男としての責任を果たしてくれないんだから…。」と、新婚にもかかわらず半年も自分を求めてくれない夫に対し辛辣な批判を口にする。しかし、ホテルの部屋に入った途端、人妻は泣き出した。平気だと思っていたのに、割り切っていたつもりなのに、突然湧き出してきた複雑な想い。「やめますか?」私の問いかけに対し、意を決したかの様に私を見つめる人妻。2人に残された時間はあと少し…。
生撮り人妻ランチデート #23

生撮り人妻ランチデート #19

生撮り人妻ランチデート #19 公開日:2010-11-02

新宿で待ち合わせをしたのは結婚10年目、37歳の人妻・涼子さん。大きな瞳が魅力的で年齢よりも若干若く見える。職場で出逢った男性と1年半の交際の後に結婚し、子宝にも恵まれてごくごく普通の幸せな夫婦に見えた。ところが気が付くとそれまで優しかったはずの夫は次第に家庭を顧みなくなっていた…。「週末の公園に行くのが苦手なんです…。楽しそうな家族連れを見るのが辛くて…。」今日は久しぶりのドライブ。聞けば車好きの夫とのデートは必ずドライブだったとのこと。「あの頃は楽しかったんですけどね…。」遠くを見つめながら昔を懐かしむように呟く人妻。今日は夫以外の男性とのデート。いけない事だとは解っているけれど、満たされない想いは募るばかり…。せめてこの瞬間だけは誰かに優しく愛されたいのだという…。
生撮り人妻ランチデート #19

生撮り人妻ランチデート #15

生撮り人妻ランチデート #15 公開日:2010-10-14

今回横浜で待ち合わせをしたのは控え目な印象の31歳の人妻。結婚して4年目。苦労と屈辱ばかりの4年間だったのだそうだ。過保護で閉鎖的な親と、その息子である夫。何をするにも部外者扱いで、一人孤独に耐えてきた。料理を作っても誰も食べてくれない。子供を作ることすら親に禁止されている。まだ会って間もないというのに涙を流しながら私に辛い日々を語ってくれた。「自分の居場所なんてどこにもないんです…。でも今日だけは…。」向き合って話を聞いてもらえるだけで嬉しいのだと、人妻は涙を拭きながら照れたような笑顔を浮かべている。彼女のささやかな願いに私に胸が詰まり愛おしさが募る。2人に残された時間はあと少し…。
生撮り人妻ランチデート #15

生撮り人妻ランチデート #14

生撮り人妻ランチデート #14 公開日:2010-10-07

夫を送り出したその足で新幹線に乗り、私に会いに来たという人妻。ひと回り以上年の離れた夫とは勤め先で知り合い、上司と部下の間柄で周囲に隠して5年間もの間交際を続けた末に結婚。そして3年の月日が過ぎた…。子供のいない2人にとっては仕事上での出張さえもデート気分。今でも夫に付き添って時々東京を訪れることもあるのだという。「私、結構甘えたがりなので主人が居ないと何も出来ないんです…。」愛くるしい仕草と甘い光を秘めた瞳に私は何時の間にか引き込まれていたようだ。いつもと違う場所で、いつもと違う相手と白昼のデート。何もかもが新鮮で、刺激的。だけども楽しい時間は刻一刻と過ぎて行く。「もし今とは違った人生だったとしたら、どんな人生だったのかな…。」 そう呟いた人妻の瞳は、遠くの何かを見つめていた。2人に残された時間はあと少し…。
生撮り人妻ランチデート #14

生撮り人妻ランチデート #20

生撮り人妻ランチデート #20 公開日:2010-09-28

原宿で待ち合わせたのは結婚歴21年、45歳の人妻。子育てもひと段落し、やっと自由になれたと笑顔で話す。厳格な父に育てられ、結婚するまではまったく自由が無かったのだそうだ。厳しい門限のせいで恋愛どころかアルバイトや部活を楽しむ余裕も無かった。学校卒業後に勤めた会社で現在の夫と出逢うがそれでもデートは夕方まで。「早く結婚して外に出たかった。」そして21年の歳月が流れた。夫と子供のために尽くしてきた。自分の欲求はすべて抑えひたすら耐え続けた長い結婚生活。子供が手を離れようやく訪れた自由な時間。「デートなんて久しぶりすぎて…。」 21年目の勇気を振り絞った。でもどこか踏み切れないのはなぜだろう?自問自答を繰り返す人妻。2人に残された時間はあと少し…。
生撮り人妻ランチデート #20

生撮り人妻ランチデート #18

生撮り人妻ランチデート #18 公開日:2010-09-21

池袋で待ち合わせをしたのは長身でクリクリした瞳が印象的な人妻だ。旦那とはまだ学生だった19歳の頃からの付き合い。夫婦共働きで子供はいない。お互いの自由を尊重する生活は楽しくて充実してはいるものの、孫の誕生を期待している両親からのプレッシャーは年々増加し苦痛の種になっているのだそうだ。「主人とは週に一回…でも内容がちょっと…。」このまま妻として年を取って行くのかと思うと不安でいたたまれなくなる。人妻の瞳が私に何かを訴えている。交差する視線、高まる鼓動、そして…。人妻の手を握ると彼女も力強く握り返してきた。2人に残された時間はあと少し…。
生撮り人妻ランチデート #18

生撮り人妻ランチデート #17

生撮り人妻ランチデート #17 公開日:2010-09-14

「主人とデートしたい…って思ってるんですけどね…。」新宿の大きな公園で待ち合わせをした人妻ははにかみながら呟いた。34歳、2人の子を持つ母親でもある。夫とは学生時代に知り合った。自分の夢を諦め家庭に入った。裕福とはいえない家計を支えるために子育てと仕事を両立させる多忙な毎日。我慢と倹約を重ね自らを犠牲にしてまでも子供と家庭を優先してきた。あまりにもかけ離れた理想と現実。人妻は疲れていた…。「もし結婚していなかったら…なんて考えちゃうこともあるんですよ…。」まったく違う人生を思い浮かべては遠い目をする人妻。今日は久しぶりのデート。緊張、興奮、期待、後悔…。夕方には子供を保育園に迎えにいかなければならない。2人に残された時間はあと少し…。
生撮り人妻ランチデート #17

生撮り人妻ランチデート #12

生撮り人妻ランチデート #12 公開日:2010-09-07

結婚2年目、子供もいる30歳の人妻ひとみさん。夫との関係もまだまだ良好だと笑顔で語るのだが、彼女は“何か”を求めて夫に嘘をついてまで見知らぬ男とのデートにやって来た。都会的な雰囲気が大好きなのだという彼女と汐留のオフィス街を歩く。東京湾をクルージングしながらフレンチのランチコース料理を楽しむ。学生時代に修学旅行で行ったハワイのサンセットディナーを思い出すと無邪気な笑顔ではしゃぐ人妻。「毎日同じ事の繰り返しで、女というよりお母さんのイメージが強くなっちゃうのが恐くて…。」幸せな毎日を捨てることは出来ない。もちろん女であることも。でも、何か腑に落ちない感覚があるのも事実。「真面目すぎるんですよね、主人は…。」残された時間はあと少し。人妻は左手の薬指にはめた指輪を隠しながら、そっと私に身を寄せた…。
生撮り人妻ランチデート #12

生撮り人妻ランチデート #04

生撮り人妻ランチデート #04 公開日:2010-08-31

「気分転換のつもりだったのに…恋に落ちちゃいそう…」高層ビルの展望台で待ち合わせをした和希さん。大人の落ち着きと色気を纏った美しい人妻だ。4年前に結婚したご亭主とは学生時代からの付き合いだそうで、子供が出来ての結婚だった為慣れない子育てに追われ新婚生活を楽しむ余裕はまるで無かったのだそうだ。夫婦の関係は徐々に希薄になり、今では会話もほとんど無いという。彼女と私はムード満点のレストランでランチを楽しみ、水族館では目をキラキラさせながら泳ぐ魚たちに見入る彼女に私はじっと見入ってしまっていた。子供に見せる為か携帯ムービーで魚を撮る姿がなんとも微笑ましい。ふと気がつくと別れの時間が近づいてきている。「残された時間は二人きりで過ごしたい。」私の言葉に笑顔で応えてくれた彼女をありったけの情熱で愛したい。そして私たちはホテルへと向かった…。
生撮り人妻ランチデート #04

生撮り人妻ランチデート #02

生撮り人妻ランチデート #02 公開日:2010-08-17

「人妻は一人の女に戻る。時間が許す限り…。」人妻の住まいから近い古都鎌倉で待ち合わせをした私は、雨の降る中寂しげな佇まいで立っていた彼女を見て胸をときめかせた。一見しても子供がいるようには見えない。三十路を過ぎても尚、少女のようにピュアな雰囲気を残している彼女になぜだか言いようの無い罪悪感を覚えてしまう。そんな私の葛藤を知ってか知らずか、彼女は初対面の私に対してまるで同級生と話すかのような気さくさで話しかけてくる。駐車場でキスをした時、彼女のはにかんだ表情に私の胸の鼓動は激しく加速した。二人に残された時間はあと僅か。私は人妻の手を取り足早に歩き出した…。
生撮り人妻ランチデート #02

生撮り人妻ランチデート #16

生撮り人妻ランチデート #16 公開日:2010-08-10

爽やかな晴天の某日、待ち合わせ場所の埠頭で私を待っていた人妻。なんと結婚1年目、まだまだ新婚ともいえる人妻なのだが旦那以外とデートをするとは…。「本当の意味でお付き合いした男性って主人だけなんです…。」学生時代に学校へ業者として出入りしていた男性が今の夫。思わず一目惚れし10歳以上も年上の彼に猛アタックしたものの完全に子ども扱いされた。それでもめげずに続けたラブコールに彼が根負けし晴れてゴールインしたのだとか。交際期間は8年。今思えば長過ぎた春だったのじゃないかと人妻は語る。新鮮なはずなのに代わり映えのない新婚生活。刺激のない退屈な毎日に人妻の満たされない思いは募るばかり。「理想のデートは手を繋いで歩くこと」そんなささやかな希望に応えてあげると人妻は少女の様にはにかんだ。気がつくと夢の様な時間も残り僅か。2人に残された時間はあと少し。私は人妻と繋いだ手をそっと引き寄せた…。
生撮り人妻ランチデート #16

生撮り人妻ランチデート #05

生撮り人妻ランチデート #05 公開日:2010-07-27

「ときめき、2。平和、8。夫婦ってなんだろう…?」夏になると思い出す人妻がいる。過去、他メーカーの作品で一夜を共にしたあの人妻。もう一度だけと作品コンセプトと外れる人妻とコンタクトを取ったものの会って欲しいような、欲しくないような、複雑な心境で私は返答を待っていた。やがて届いた返事はOK。再会が決まった。一年半ぶりに会った彼女は少し疲れて見えた。子供が生まれ生活が激変したらしい。子育てに追われるうちに夫とすれ違うことが多くなったのだという。「今日は気分転換です…。」人妻は寂しそうに笑った。レストランで食事をし、観覧車でキスを交わしても子供のことが気になるのか心ここにあらずの人妻。半ば強引にホテルへ入ったその時、彼女の携帯に旦那からのメールが…。こみ上げてくる罪悪感…。やはり彼女を誘うべきではなかったのだろうか…?
生撮り人妻ランチデート #05

次のページへ

DUGAの人妻動画を全て配信!

DUGA 人妻動画

お待たせいたしました!超メジャーなアダルト動画サイト「DUGA」の全ての人妻サンプル動画を無料配信開始!素人娘には無い妖艶で淫乱な人妻動画ばかりなのでお気に入りの人妻動画を見つけて下さい!
DUGA 人妻動画の全作品を見る!

逆アクセスランキング

月間アーカイブ

2017年3月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月

この時間の人気記事

スマホでも人妻動画!

スマホ専用ページはこちら!
スマホ専用ページ

人妻動画隊のスマホ専用のページにいけます!スマホに最適化されたPC版とは違う内容の動画を毎日配信してますので、人妻動画が好きなら要チェックです!

レーベル別検索!

相互リンクについて

相互リンクのご依頼はメールフォームからお願い致します。

RSSやピックアップについてはアクセスランキングを基にして定期的に入れ替えをしていますのでご依頼をされても対応できない場合がありますのでご了承ください。

無料エロ動画速報
人妻セックスAV動画
エッチ画像まとめ
この画像エロすぎwww
人妻熟女動画をシェア
エロ画像まとめくす
エロ画像速報

ケータイでも人妻動画!

ガラケー専用ページはこちら!
ガラケー専用ページ